頭が長市まみれ

--.--.-- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2009.11.22 ひでより

秀頼プレイは6歳から始まります。名声は高いですがまあ能力は並かなあ・・・
家康の専横にキレまくる淀。
大阪城にいる人でぬきんでて強い人はいないので誰かに教わることもできず・・・軍資金から金をうばってをとってひたすら修行。
鉄砲は必須やね~
評定開くとどんどんイベントが進んでしまう。三成暗殺未遂とか。
そして関が原。今回は私闘ということにしておこうぜ!関わらないということで!
三成が死亡。(三成側だと大変なのよ・・・。
三成の役立たず!!ばか!!ってキレまくる淀。
こうこうこうしたほうがいい!ね、秀頼!はい。こうこうこうせよ。って完全に淀の御人形じゃないか!まあ6歳だからしょうがないんだけどね
ことあるごとに大野治長(淀の乳兄弟で、淀と恋仲なんじゃね?ってうわさされてた人)と淀が口出ししてくる。
完全にはい母上はい母上と命令をだす秀頼。
堀の話とか鐘の話とかの話を経て、家康が大阪城にまで攻めてくる。
出陣したいのに淀がだめ!そなたがいなくなったら元も子もないとかいって出陣させてくれない。
まあ大阪城は堅城だから安心だよ^^ですよねー^^って話を天守でしてたら飛んでくる大砲。びびりまくる淀。
で、これ以上はむりじゃね?という話になって大阪城を徳川に譲るか?みたいな選択肢が出てきて
譲る・戦う
ちなみに譲ると、やだやだ!ここは太閤様のお城だもの!私はてこでもここから動かないんだから><と駄々をこね、
翌日には秀吉の位牌を胸に抱いて自害していた・・・。超スピードだとかそんなチャチなもんじゃあ断じて(ry
しかしオールオアナッシングすぎるwwww名家のプライド高いお姫様だもんなあ・・・そりゃ嫌よね、家臣に城譲るなんて
不甲斐ない息子で申し訳ない・・・;; そして大阪城は徳川のものに。
以降はイベントなしで、こっから再起していきましょうって流れ。

戦う!
と選ぶとついに秀頼出陣。淀はやだやだいうんですが、ここで立たねばという強い意思を見せた息子に母も折れます。でも絶対に死に急がないでねと念を押されて出陣。
2連戦なのでけっこうぎりぎりの戦い。最初はVS伊達、次VS家康・秀忠
伊達がうぜえwwwwwちょっとやられるとすぐ後ろに逃げやがるwww
幸村と後藤又兵衛がいなかったら戦い抜けないわ・・・。

なんとか大阪城を死守。敗走する家康は矢傷が原因で死んだ。急展開だな。
そしてこの戦いの後、淀は髪を下して太閤さまを偲んで静かに暮らすといいはじめ、秀頼はやだやだ!まだ僕には母上が必要なのに!とだだこねてみる。
そう言ってくれて母はうれしい、でもひとり立ちしてもいい頃だと思う。しっかりしなさい、太閤殿下の跡取りでしょ!
といわれては「はっ!」というしかない。
「寺に入っても、母はいつでもそなたのことを見守っておりますよ……。」
そして張り詰めていた気が抜けたのかしばらく後に静かに息を引き取ってしまった・・・。;;
息子のたくましい成長振りに満足して安らかな顔だったという・・・
「母上……それがしは、母上の子であったことをいつまでも、誇りに思うておりまする・・・」

いい話だった・・・。;;たぶんこれでイベントはおわりかな?以降は秀頼で天下統一しましょって流れかな。
残念ながら5では千姫はいないので、別に嫁さんを探さないとなあ。





admin*
designed by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。